JAPANとALBERTAから、JAPANAB(じゃぱなび)と名付けられた無料タウン情報誌。
アルバータ州在住の輝く日本人に焦点を当て、面白く、役立つ情報を発信中。
季刊誌「Japanab」は、2022年1月発行の「Japanab January 3, 2022 Vol.39」より、下記の通り年2回刊誌に刊行サイクルを変更いたします。
引き続き変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
• 2021年10月号Vol.38(10月1日発刊)にて季刊誌最終号
• 2022年1号Vol.39(1月3日発刊予定)にて年2回刊誌としてスタート
• 以降7月3日と1月3日に刊行。

2019 January - 飲んだら、吸ったら、乗るな。乗るなら、飲むな、吸うな!

 アルバータでは大麻を含む喫煙・飲酒および購入は18歳以上からだが、ブリティッシュコロンビアは19歳からというようにカナダでは州によって法律が違う。日本はご存知の通り酒帯び運転には非常に厳しく、血中アルコール濃度0.03%で罰則が定められている。カナダの法律ではいわゆる飲酒運転のことを“Impaired Driving”と表現し、つまり「車両運転を安全に行う能力が低下した状態にあるにもかかわらず運転すること」を禁じているので、飲酒だけではなく大麻や薬物摂取も禁止行為に含まれる。
 「基準値以下の範囲で摂取できる量は?」という質問に対しては、アルバータ州政府は「安全なレベルは摂取『0』のみ。大麻を含むアルコールや薬物が人体に与える影響は、人によって違なる」と記している。アルバータ州の飲酒運転における罰則適応基準値は、血液中アルコール濃度0.08%(80mg/100ml)。ただし運転免許証取得後2年未満の新米ドライバーにおいては、大麻やその他の違法薬物、アルコールを摂取しての運転は血中濃度に関係なく一切禁止されている。
 サントリーのウエブサイトには「酔いの程度を判定してみましょう」というページがあり、体重と飲酒量によって血液中のアルコール濃度を推定することが出来る。人によってはアルコール代謝が遅い人もいるし、空腹だと影響が違うので一概に言えないが、体重別に以下のような数字が出てきたので参考にして欲しい。
https://www.suntory.co.jp/arp/alcohol_cal-culation/






0 件のコメント:

コメントを投稿